NEWS&BLOG
ニュースとブログ

2018.12.09( 日)
【工事部からの刺客登場!スケール愛を語る男】


 
 
 
 
冬の朝、虫の声は落ち着いて。
ざわつく木々は葉を散らし、寒い季節へと変わる風景を見つめながら。
茫々とした春夏の記憶を浮かべ、慌ただしく駆ける年末への猶予を感じるひと時。
 
 
 
皆さま、いかがお過ごしでしょうか。伊佐です。
 
はじめまして、No.13 伊佐といいます。
朝日が昇る時間も遅くなり、暦はもう冬になりました。
ですが、12月というのに日中もまだ暑いというのは、さすが沖縄。
 
 
日々、現場で汗をかきながら学ばせていただいております。
ということで、本日は現場で使う道具のお話です。
 
 
 
みなさま「メジャー」はお持ちですか? そうです。あの長さを測る巻尺です。
我々は、あのメジャーを「スケール」と呼んでいます。
以下、メジャーを「スケール」として話を進めさせていただきます。
 
このスケール、道具としては「消耗品」としての部類ではありますが
我々の仕事を支えてくれる、大切な道具です。
 
 
今回は、そのスケールに焦点をあててお話をいたします。
 
 
 
①本気でスケールを作る、TAJIMA(タジマ)のスケール
②違う目線で切り込む新潟精機のスケール
③台湾のウルトラパワー
こちらの三本建てでお話しを進めてまいりたいと思います。
どうぞお楽しみください。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
(スケールの各部名称)
 
 
 
 
①TAJIMAのスケール
 
スケールで大事なことは何でしょうか。
まずは耐久性。次にテープを伸ばした時にたわまないこと、
そして、たわんだとしても、そこから立ちあがる速さ。
それらをすべて兼ね備えたのがTAJIMA社の
「剛厚(GOATSU)シリーズ」のスケールだと思っています。
 
 

 
(TAJIMA社の剛厚シリーズ。このモデルは剛厚テープ搭載の一番お求め安いモデル。)
 
 
僕はスケールを選ぶ際に2つ、確認することがあります。
まずは2mだし、テープがどれだけたわむかを確認します。
スケールによって各メーカー、本当に違いがあるんです。もちろんたわみの少ない方が良いと思います。
次に、1m出して横に振り、わざとたわませます。
テープを戻す際の立ち上がりの速さを確認します。

 
(わざと、横に振ってフニャン、とさせます。)
 
 
 
 
 
 

 
(そこから逆方向にピンッ!とさせて、この立ち上がりの速さを確認!)
これの動作で一番優れているのが、TAJIMA社の「剛厚シリーズ」のスケールでした。
このシリーズ、現場ではかなり頼もしいスケールだと思います。
※あくまでも個人的な感想でございます。
 
ホームセンターで、一人でスケールを伸ばして確認しているメガネ野郎はおそらく僕です。
そっとしておいてくださいませ。
 
 
 
 
②新潟精機のスケール
新潟精機社は測定工具の目盛に新たな風を吹き込みました。
それがこの「快段目盛」シリーズです。
 

 
(水色といえば、商用車のカラー! すなわち働くカラー!)
 
 
 
 
テープ部はこうなっております。
 

 
 
目盛が階段状になっており、数値の’’みやすさ’’を追求しています。
 
最初この商品と出会ったとき、”ぜひ使ってみたい”という好奇心が湧いたのは言うまでもなく、
購入後、更に上位モデルの剛性アップしたテープだけを入れ替えております。
 
 
 

(家で酒を飲みつつ、テープの入れ替えに勤しむ。)
 
 
理由は、この水色のケースがとても気に入っていたからですね。
ケース本体のシンプルな意匠、色合い、快段目盛のロゴデザインなど。とても良いと思います。
 
ですが、テープはTAJIMA社の方が強いです。
分解してみてわかったことは、TAJIMA社の小さい廉価モデルのスケールでも、
内部はこちらのモデルよりももっと丁寧に作られています。やはり本気を感じます。
 
 
では実際のところ”見やすいか?”と聞かれると…、 ’’慣れると見やすい’’です。
色分けされていたり、2mm毎に黒丸点が打ってあったり、心遣いは満載です。
 
この「快段目盛」を軸に、定規や差金、ノギスなどの商品展開をし、
世に打ち出す会社の逞しさにとても魅力を感じます。
ハードな現場に、ものを想うハートで応えたい。
個人的にお気に入りのスケールです。
 
 
 
 
③台湾のウルトラパワー
弊社代表イワオさんより、台湾のお土産としてこんなスケールをいただきました。
 
 
 

 
ウルトラパワー。MADE IN TAIWAN。
なんだろう、テープを出します。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
Wow。
上段は尺目盛、下段センチ目盛、中段…???
 
 
調べてみました「魯班尺(ろはんしゃく)」というそうです。
風水によって、縁起のいい寸法、悪い寸法があるようで、
中段の上は、「門公尺(もんこうじゃく)」
主に住居、事務所などの建築物の間取り寸法(間口の高さや、幅)などに使用され、
 
中段の下は、「丁蘭尺(ていらんじゃく)」
お墓などの寸法を決めるそうです。
※その他、家具などの寸法に用いるなど諸説ありました。
 
 
全く新しい解釈です。新鮮ですね。
「この寸法は縁起が悪いからやめておこう」とか
「○センチ? ダメだね。もう数センチプラスしよう」などの会話が繰り広げられているのでしょうか。
 
想像するだけでもワクワクしてきます。
 
 
 
 
 
 
では、我々電気に携わるものは、どちらを使いましょう?
 
 
 

 
 
(ヤードの入り口にあるコンセントに当ててみました。)
 
 
まず、コンセントの上面か、下面を基準にするか、門公尺か丁蘭尺で測るか。
わからないことが多すぎます。
 
 
 
謎が多すぎるので、近くにいた台湾の方にこの「魯班尺」について聞いてみたところ、
 
「わからない、みたことがない」との答えが返ってきました。あれれ〜〜〜。
メジャーじゃないのかな?(スケールだけに。)
 
 
 
ご存知の方いましたらどうぞご教授ください。
よろしくお願いいたします。
 
 
今回は以上でございます。
 
こう言った、ものをつくるメーカーの変わった道具を見つけては現場で試すのが好きです。
「もうちょっと、こうだと良いのになあ」と思い始めるとキリがありませんが、道具ひとつからでも
日々の仕事を楽しく、お客様に喜んでもらえる仕事に変えるパワーをもらえていると思うと感謝です。
 
 
これからも大事に使っていきたいと思います。
 
 
 
みなさまも、お気に入りの道具、ありますか?
 
長々とお付き合いいただき、ありがとうございました。

2018.12.09( 日)
【工事部からの刺客登場!スケール愛を語る男】


 
 
 
 
冬の朝、虫の声は落ち着いて。
ざわつく木々は葉を散らし、寒い季節へと変わる風景を見つめながら。
茫々とした春夏の記憶を浮かべ、慌ただしく駆ける年末への猶予を感じるひと時。
 
 
 
皆さま、いかがお過ごしでしょうか。伊佐です。
 
はじめまして、No.13 伊佐といいます。
朝日が昇る時間も遅くなり、暦はもう冬になりました。
ですが、12月というのに日中もまだ暑いというのは、さすが沖縄。
 
 
日々、現場で汗をかきながら学ばせていただいております。
ということで、本日は現場で使う道具のお話です。
 
 
 
みなさま「メジャー」はお持ちですか? そうです。あの長さを測る巻尺です。
我々は、あのメジャーを「スケール」と呼んでいます。
以下、メジャーを「スケール」として話を進めさせていただきます。
 
このスケール、道具としては「消耗品」としての部類ではありますが
我々の仕事を支えてくれる、大切な道具です。
 
 
今回は、そのスケールに焦点をあててお話をいたします。
 
 
 
①本気でスケールを作る、TAJIMA(タジマ)のスケール
②違う目線で切り込む新潟精機のスケール
③台湾のウルトラパワー
こちらの三本建てでお話しを進めてまいりたいと思います。
どうぞお楽しみください。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
(スケールの各部名称)
 
 
 
 
①TAJIMAのスケール
 
スケールで大事なことは何でしょうか。
まずは耐久性。次にテープを伸ばした時にたわまないこと、
そして、たわんだとしても、そこから立ちあがる速さ。
それらをすべて兼ね備えたのがTAJIMA社の
「剛厚(GOATSU)シリーズ」のスケールだと思っています。
 
 

 
(TAJIMA社の剛厚シリーズ。このモデルは剛厚テープ搭載の一番お求め安いモデル。)
 
 
僕はスケールを選ぶ際に2つ、確認することがあります。
まずは2mだし、テープがどれだけたわむかを確認します。
スケールによって各メーカー、本当に違いがあるんです。もちろんたわみの少ない方が良いと思います。
次に、1m出して横に振り、わざとたわませます。
テープを戻す際の立ち上がりの速さを確認します。

 
(わざと、横に振ってフニャン、とさせます。)
 
 
 
 
 
 

 
(そこから逆方向にピンッ!とさせて、この立ち上がりの速さを確認!)
これの動作で一番優れているのが、TAJIMA社の「剛厚シリーズ」のスケールでした。
このシリーズ、現場ではかなり頼もしいスケールだと思います。
※あくまでも個人的な感想でございます。
 
ホームセンターで、一人でスケールを伸ばして確認しているメガネ野郎はおそらく僕です。
そっとしておいてくださいませ。
 
 
 
 
②新潟精機のスケール
新潟精機社は測定工具の目盛に新たな風を吹き込みました。
それがこの「快段目盛」シリーズです。
 

 
(水色といえば、商用車のカラー! すなわち働くカラー!)
 
 
 
 
テープ部はこうなっております。
 

 
 
目盛が階段状になっており、数値の’’みやすさ’’を追求しています。
 
最初この商品と出会ったとき、”ぜひ使ってみたい”という好奇心が湧いたのは言うまでもなく、
購入後、更に上位モデルの剛性アップしたテープだけを入れ替えております。
 
 
 

(家で酒を飲みつつ、テープの入れ替えに勤しむ。)
 
 
理由は、この水色のケースがとても気に入っていたからですね。
ケース本体のシンプルな意匠、色合い、快段目盛のロゴデザインなど。とても良いと思います。
 
ですが、テープはTAJIMA社の方が強いです。
分解してみてわかったことは、TAJIMA社の小さい廉価モデルのスケールでも、
内部はこちらのモデルよりももっと丁寧に作られています。やはり本気を感じます。
 
 
では実際のところ”見やすいか?”と聞かれると…、 ’’慣れると見やすい’’です。
色分けされていたり、2mm毎に黒丸点が打ってあったり、心遣いは満載です。
 
この「快段目盛」を軸に、定規や差金、ノギスなどの商品展開をし、
世に打ち出す会社の逞しさにとても魅力を感じます。
ハードな現場に、ものを想うハートで応えたい。
個人的にお気に入りのスケールです。
 
 
 
 
③台湾のウルトラパワー
弊社代表イワオさんより、台湾のお土産としてこんなスケールをいただきました。
 
 
 

 
ウルトラパワー。MADE IN TAIWAN。
なんだろう、テープを出します。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
Wow。
上段は尺目盛、下段センチ目盛、中段…???
 
 
調べてみました「魯班尺(ろはんしゃく)」というそうです。
風水によって、縁起のいい寸法、悪い寸法があるようで、
中段の上は、「門公尺(もんこうじゃく)」
主に住居、事務所などの建築物の間取り寸法(間口の高さや、幅)などに使用され、
 
中段の下は、「丁蘭尺(ていらんじゃく)」
お墓などの寸法を決めるそうです。
※その他、家具などの寸法に用いるなど諸説ありました。
 
 
全く新しい解釈です。新鮮ですね。
「この寸法は縁起が悪いからやめておこう」とか
「○センチ? ダメだね。もう数センチプラスしよう」などの会話が繰り広げられているのでしょうか。
 
想像するだけでもワクワクしてきます。
 
 
 
 
 
 
では、我々電気に携わるものは、どちらを使いましょう?
 
 
 

 
 
(ヤードの入り口にあるコンセントに当ててみました。)
 
 
まず、コンセントの上面か、下面を基準にするか、門公尺か丁蘭尺で測るか。
わからないことが多すぎます。
 
 
 
謎が多すぎるので、近くにいた台湾の方にこの「魯班尺」について聞いてみたところ、
 
「わからない、みたことがない」との答えが返ってきました。あれれ〜〜〜。
メジャーじゃないのかな?(スケールだけに。)
 
 
 
ご存知の方いましたらどうぞご教授ください。
よろしくお願いいたします。
 
 
今回は以上でございます。
 
こう言った、ものをつくるメーカーの変わった道具を見つけては現場で試すのが好きです。
「もうちょっと、こうだと良いのになあ」と思い始めるとキリがありませんが、道具ひとつからでも
日々の仕事を楽しく、お客様に喜んでもらえる仕事に変えるパワーをもらえていると思うと感謝です。
 
 
これからも大事に使っていきたいと思います。
 
 
 
みなさまも、お気に入りの道具、ありますか?
 
長々とお付き合いいただき、ありがとうございました。