お問い合わせ

VOICE
お客様の声

2018.6.05(火)
【誰も迷子にさせない電気屋さん】

 

Q/ Banana conceptへ依頼した経緯を教えてください。


A/(中山さん)そもそも このお店を引き継いで2年くらい経った時に

色々と店内の什器とかを変えていきたいな〜と思ってた時期がありまして、

アパレルの友人からBREEZIN’沖縄の新城さんって方を紹介していただいたんです。

 

 

新城さんも具体的にかゆいところに手が届くアプローチをしてくれる方で、

僕が神経質なんで色々と相談していると、良かったら僕が施工した電気屋さんの

事務所を一度、見ていただくといいかもしれないですね!と紹介して

いただいたのが初めのきっかけですね。

 

 

一昨年の年末、そもそも面識もない状態でしかも夜に9時ごろにお伺いしたんですけど、
快く事務所を案内していただきまして、新城さんの手がけた施工をじっくり説明していただきました。

その間まったく電気のことは触れずという…

 

いづれ2階の照明をBanana conceptさんに依頼しようとその時決めました。

 

その後、スグに年末のBanana conceptさんの餅つけにお誘いいただいたので僕たちも
自前のお菓子を手土産にお邪魔させていただいたんです。

 

 

イベントの光景をみて、僕たちの考えと近いな
新しい事にチャレンジしているのがすごく共感しました。

 

普通の電気屋さんとは違うなと思いました。

 

 

Q/ 今回はどのような工事をご依頼になりましたか?


 

A/(中山さん)2階のギャラリースペースの電源、照明、空調工事を依頼しました。

 

最初にイメージを2〜3提案してくれたり、

既製品ではない無駄のないデザインなど僕らにぴったりな
正に膝を打ったような提案でした。

 

空間から逆算というか引き算というか何か最短距離というか。。。

やろうとしている大きな方向性を汲み取ってくれる、繊細な部分まで。。。

話がスムースですよね。

 

僕らの施工事例を友達、お店仲間には見せてるんですけど
みんなことごとくBanana conceptさんにシフトしてますね。

 

僕が営業してるくらいですよw

 

絶対Banana conceptさんがいいですよって!

 

 

Q.今後Banana conceptにお仕事を検討されている方へ一言。


 

実は一度、別の施工会社経由で電気屋さんを紹介していただいたことがあったんですが、
やはり迷子になってしまってゴールが見えなかったんです。

 

その状態で発注しなきゃ行けない状態になりそうだな〜と思って、

明確なビジョンが見えてなかったので、もう少し調べたいな〜と思って
一度、お断りしたことがあったんですね。

 

みんな電気工事の内容がわからない状態のまま発注しているんですきっとね。

 

そもそも 調光 調色のバランスを見るだけでもみんな格段に理解度が全然変わってくる。

自分のお店にどう落とし込むかっていう部分の溝がみんな埋め方をわからないを

 

Banana conceptに行けば、何がわからないか?何がわかるのか?どうすれ良いのか?

という道筋が見えてくるんです。

 

「要するに迷子になっちゃうんです、一般の業者さんだと。」

 

Banana conceptさんだとそうならないようにきちんと導いてくれるんですよね。

 

電気のことで迷子にならない

 

迷子になっている方がすごく多いと思うんです、

 

お願いしていて失敗しているかも、迷子になっているかさえも気づかない状態の方も
たくさんいると思うんです。

 

 

ゴールを確実に共有でいてるなっていうそれがすごく最初っからずっと感じてました。

 

一番最初に話した頃からその安心感はすごく大事です。

 

発注する側ってやっぱみなさん時間がない状態からのスタートだと思うんですね、

 

時間にとらわれて、あ〜もう半端な状態だけど発注するしかないなっていう

非常に危険な状態になることを最初から知っているんであれば、
最初から理解度の高い仕事の進め方のできる業者を知りたかったなと思うんですよね、きっと。

 

 

ゼッタイ Banana conceptさんがいいっすよ(小声)って周りに言ってますよ。