お問い合わせ

VOICE
お客様の声

2018.6.24(日)
【キャッチボールの回数が多いので他にはない信頼感があります】

Q/ Banana conceptへ依頼した経緯を教えてください。


 

A/(上江洌さん)あれは何年くらい前かな?3年くらい前かな

 

ちょうどこのアトリエをバカールの仲村さんとシェアしててその頃は倉庫兼アトリエってことで、

 

普通の蛍光灯をつけている状態だったんです。

 

 

その後、同級生がカナダから帰ってくるってということで、

 

彼らが個展をする場所を探していてそれならここがあるよってことで、

 

そのタイミングでここをギャラリーっぽく運営できるような

 

空間したいというのが始まりで。

 

 

もともと音楽で繋がっていたグリさん(花城)たちが電気屋やってたなぁって

 

思いついて打ち合わせをしたことがきっかけですね。

 

 

そのタイミングでギャラリースペース、奥はバーカウンターっという

 

イメージをベースに、電気回りを丸投げして提案してもらいました。

 

 

 

 

Q/ 今回はどのような工事をご依頼になりましたか?


 

 

電源、コンセント、照明など全てお願いしました。

 

ギャラリーとして吊る場所や見せる部分を相談して、

 

ウチの親父が作ったものすごくデカイ木の枠にダクトレールを収めてもらったり、

 

コネクションの部分も鉄で作ってもらったり。

 

 

 

これを、みんなで一斉の〜って感じで吊ったんですよね。

 

シーリングファンもそうです、イメージだけ伝えて。

 

それからスイッチボックスの位置だったりまとめ方とかすべてお任せですね。

 

 

 

Q.今後Banana conceptにお仕事を検討されている方へ一言。


 

仕事の内容が細かくて丁寧ですよね。

 

打ち合わせを重ねて行く流れで

 

イメージも湧いてくるし、スケジュールや段取り感も分かりやすく

 

完成まで流れを可視化させてくれるのが嬉しいですよね。

 

 

 

 

また、現場での対応力、キャッチボールの回数も多いので、

 

他にはない安心と信頼感がありますね。

 

 

丸投げして、蓋開けたら残念賞ってのも多々あるので(笑)

 

 

きちんと考えてくれているんだなってすごく感じました。

 

想像して見なかった部分も引き出してくれる。

 

信頼関係が作れたらあとは早いですよね。

 

 

 

 

 

実は、この場所のネーミングを付けてくれたのは

 

イワオさんなんすよね

 

 

オープン記念で頂いたキャンドルに1010ってあって、

 

最初なんだろう?と思って

 

 

イワオさんから1010セントウ(以前銭湯だった為)ってどう?って言われて

 

俺ら全員すごくいい!って喜んだんです。